なんやかんやと忙しいび~やん!仲間も増えてなお忙しいです。そんなこんなのお気楽ブログです。


by ka1059
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

絵本講座

久しぶりに絵本のブラッシュアップ講座へ行って来ました。

絵本作家の松野正子先生の講義・・・とても慈しみのあるお声!

懐かしい気持ち一杯で、引き込まれてしまう内容でした。

e0034051_182092.jpg

「こぎつねキッコシリーズ」の中の「あめふりのまき」を、授業の冒頭で読まれました。



山に住む子ぎつねのキッコは、幼稚園にやってくる人間の子供が持っている傘がうらやましくて仕方ありませんでした。

「かさが ほしい。みどりも いいけど、あたし、あかいのが ほしい。」
 たまたま、人間の子供が忘れていった傘を見つけたキッコ。
 
次の日、傘の持ち主は自分が置いていった場所ではない所に
傘があることに気付きます。結末がとても印象的です。(絵本ナビより)

先日、小学校での読み聞かせへ行った時、1年生にこの本を読みました。

子どもたちは、ページをめくるたびにキッコを探してくれます。

松野先生のお話の中に「文学の声渡し」と言うのがありました。

耳から読書体験をすることの素晴らしさ、これを伝えてほしいと話されました。

1年生の子ども達は、絵本の中の主人公になって人物とお話を体験するのです。

キッコになったつもりの子がいたかも・・・人間の子どもに見つからないようにって

ハラハラドキドキしながら、聞いていてくれたかも?

子ども達が小さい時から、たくさんの絵本を通じていろんな体験をすることが大切ですと最後に松野先生が話されました。

書きつくせないくらい、たくさんの言葉をいただいた本日の授業・・・・でした。

まるで、おいしいものをぎょうさん食べたあとのように、心が満腹になりました。

あと3回あります。とても楽しみなひと時です。

錆付きかけてるび~やんには良い刺激です003.gif
[PR]
by ka1059 | 2008-06-17 01:34 | ボランティアいろいろ